サイトメニュー

治療薬について

施術

薬剤の背景や正規品とジェネリックについて

美容整形は見た目の悩みや、より美しくなりたい希望を改善し叶える医療施術です。現在は多くの手法があり、メスを用いない治療方法もある程に美容医療は発展しています。体にも日常生活にも負担のかかる事が少ない治療が特に選ばれており、ボトックス治療もその1つです。ボトックス治療の始まりは医療現場であり、脳梗塞後遺症による筋固縮や顔面痙攣麻痺等の治療に活かされていました。ボトックス治療は注射器でボツリヌストキシンと呼ばれる薬剤を注入する施術内容です。このボツリヌストキシンは、ボツリヌス菌から抽出されたもので、ボツリヌス菌が持つ神経毒を応用し治療に活かされました。食中毒の原因菌でもあるボツリヌス菌ですが、この治療を受けて食中毒になる事はありません。仮に食中毒になるとしたら、100回分程連続で注入する必要がある程安全です。ボツリヌストキシンは医療現場でも活用されており、世界中から副作用の報告はない薬剤です。美容医療に転用されてからも研究は続けられており、注入部位や量等もより正確な数字が統一されてきています。医師の腕次第で効果や結果が変わる美容整形ですが、今までの研究や蓄積された臨床データから、ガイドラインも作成されており副作用や医療トラブルも非常に少なくなっています。

ボトックス治療の薬剤であるボツリヌストキシンは副作用がないと世界中で認められていますが、正確にはアメリカのアラガン社製剤が副作用のない安全な薬剤です。アラガン社製剤は医療現場での治療薬として活用され続けてきました。世界統一の認識でボツリヌストキシンの正規品です。治療においてはボツリヌストキシン以外を使用する事はありませんが、正規品以外にジェネリックは存在します。ジェネリックは正規品の特許が切れた事で、製造が各国及び製薬会社で解禁になり各々で開発されたボツリヌストキシンです。正規品の同一成分同効果であり、最大の特徴は開発費用が低コストなので薬価自体が正規品の半額以下である事です。ボトックス治療は美容目的の場合は保険適用外治療になるので全額自己負担です。全国平均で1部位3万円から7万円程で効果は半年位なので、効果を継続するには再治療を定期的に受ける必要があります。毎回その費用が必要になるのですが、ジェネリックだと毎回支払う費用の負担を軽減する事ができます。安全性の高い薬剤のジェネリックなので、当然ジェネリックも安全な薬剤です。医薬品なので安全基準を満たしているから出荷されています。ただ安全基準は国毎に異なりますので、その国の基準が選択時許容できる範囲であるかが重要です。

Copyright© 2019 どんな症状や悩みに効果的な施術なのか調べてみよう All Rights Reserved.