サイトメニュー

選択する前に知っておく事

診察

薬剤にも違いがある

小顔や脚痩せ、多汗症治療等の悩みに効果的な美容医療のボトックス治療は、美容医療を扱う機関で受ける事ができます。この治療で使用される薬剤はボツリヌストキシンと呼ばれ、それ以外の薬剤は使用されません。ただしボツリヌストキシンには正規品とジェネリックがあります。正規品と呼ばれるボツリヌストキシンは、アメリカのアラガン社が製造しているものを指します。医療現場で痙攣治療等に使用されている時から使用されており、特許も得ていました。正規品と認めているのは日本だけでなく世界共通の認識になります。現在は特許が切れた事でアラガン社以外でも製造可能になり、ジェネリックが普及しています。ジェネリックは正規品と同成分同効果のボツリヌストキシンであり、副作用に関しても正規品と同じです。つまり副作用の心配はない安全な薬剤であり、開発費等が低コストで済むので薬価も正規品より安い特徴があります。ボトックス治療を受ける際、クリニックにもよりますが薬剤を選択できます。正規品は信頼性が高く、ジェネリックは信頼性は正規品程ではないですが治療費用を抑えられます。取り扱っているクリニックの医師より十分副作用や考えられるリスクの説明を受けて、自己責任で選ぶ事になります。自身が費用面を優先するか、信頼性を優先するかの優先度合いにより決める事になりますが、薬剤についての背景は知っておく必要があります。

ボトックス治療は注射器でボツリヌストキシンを注入する施術内容です。副作用のない安全な治療とは言え医療行為であり、施術は必ず医師が行いますが治療と言えども美容目的の治療なので保険適用外になります。治療費用については保険適用外であり自由診療なので、クリニック独自に価格を設定できます。それでもクリニック毎の治療費に大きな差はありません。大きな差をつけてしまうと、患者に選ばれにくくなるからです。費用の全国平均は状態や部位によりますが、3万円から7万円が相場になっています。費用がクリニック毎に大きく変わるとすれば、2つの理由があります。1つが独自に行う割引サービスで、会員割引や期間限定割引がそれにあたります。もう1つがボツリヌストキシンが正規品かジェネリックによってになります。正規品のアラガン社製のボトックス治療費は3万円から7万円が相場ですが、ジェネリックは薬価が安い分正規品の半額以下の治療費になります。クリニックによっては正規品しか扱っていない場合もあるので、ジェネリックを検討したい場合はホームページ等で確認が必要です。ボトックス治療は副作用はありませんが、効果が現れなかったり違和感がある際は無料でアフターケアを受けられます。

Copyright© 2019 どんな症状や悩みに効果的な施術なのか調べてみよう All Rights Reserved.